MANPUKU HAPPY DAY

MANPUKU HAPPY DAY

我が家の愛犬「まんぷく」は、ミニチュアダックスの女の子。やんちゃ盛りの2歳です。まんぷくのための手作りごはんレシピを中心に、日々の出来事を綴ります。訓練所でのトレーニング経験あり。

【手作り犬ごはんレシピ】可愛い形で優しい甘さ♪ ワンコが大好きなさつま芋で作るオイモちゃんゼリー

素朴なワンコスイーツに挑戦

こんにちは。まんぷくのかあちゃんです。
ここ1ヵ月ほど自宅wifiとPC接続の調子が悪く、何かするたびにブツブツブツブツ切れてしまい、ブログの更新がおっくうになりつつあります。
スマホは正常につながって、何の問題もないのですが・・どうしたのでしょう。。

さてと、大きな台風が去り、9月に入って少しずつ秋っぽくなってきた気がします。
夏の間はあんなに早起きだったまんぷくも、朝布団から出てこないときがあります('_')。。
ダックスって意外と寒がりですよね。それとも単にまんぷくが布団でゴロゴロしてるのが好きなだけなのか・・・おかげで多少朝寝坊できるようになったかあちゃんです。


「犬だってねむいんじゃ…」

偶然できあがったさつま芋スイーツ

秋といえば、さつま芋。まんぷくの好物でもあります。
冬のおやつで焼き芋をしてやると、とても喜びます。
最近はスーパーでも色んな種類のさつま芋が買えるので、今年も作ってやろうと思っています。

「おイモちゃん好きでございます」

今回のメニューは、秋らしくなって初めてのさつま芋スイーツ。
「おイモちゃんゼリー」です。

いや~・・・ホントは「芋きんとん」を作るつもりだったんですけどねぇ。。
いつの間にか方向性が変わり、最終的にはゼリーになってました。

冷蔵庫に、茹でたさつま芋があったんです。
それで「まんぷくに芋きんとんを作ってやろう!」と思い立ったのが事の始まり。
珍しく今回はレシピ本を見て作り始めたのですが、もともとの芋の量がちょっと少なかったようで・・・。

途中からはかあちゃんオリジナルのゼリーに方向転換。
「オリジナル」といったって寒天入れて固めただけなので、オリジナルなんて言えるようなものではないですが。。

非常にシンプルな材料で、すぐに作れるのが魅力です。
ただ申し訳ないことに、当初は冷蔵庫に残っていた芋の煮もので「芋きんとん」を作るつもりで調理に取りかかり、途中で急に寒天ゼリーに変えたため、どうしても「なりゆき感」があります(笑)。この分量通りでちゃんと固まるとは思いますが、多少ゆるいとか、かたいとか、そういうのが出てくるかもしれません。お手持ちの寒天の特性もあると思いますので、寒天のパッケージに書かれている適正な水の量を確認いただき、そちらに沿って作っていただけると助かります。

では、さっそく・・・・。

材料
材 料 分 量
さつま芋
150~200g
棒寒天
3cmほど
150cc
レモン汁
小さじ2
無糖ヨーグルト(お好み)
大さじ1
作り方

① 小さめの容器に棒寒天と水(分量外)を入れ、棒寒天をふやかす。
使った棒寒天はこれくらい。
↓ ↓ ↓ 

水でふやかし、軽く絞って使います。
↓ ↓ ↓ 

② さつま芋の皮を剥き、1cm幅の輪切りにして、水にさらす(10分ほど)。
③ 小鍋に芋を入れ、芋が全部浸かるくらいの水(分量外)を入れ、沸騰させる。沸騰したら火を弱め、レモン汁を入れて芋がやわらかくなるまでコトコト煮る。煮えたらザルに取って冷ます。
④ ミキサーに芋と水少量を入れて撹拌し、ペースト状にする。

★★ CHECK IT ★★
今回量が少ないためミキサーが上手く回らず、完全なペースト状になりませんでした。この場合はボウルに出してスプーンで粗くつぶします。完全になめらかにならなくてもOK。多少つぶつぶが残るくらいで・・。

こんな感じになりました。色が本当にきれいです。
↓ ↓ ↓ 

⑤ 小鍋に水150ccを沸かし、ふやかした棒寒天をちぎって入れてよく溶かし、ペースト状にした芋と混ぜる。
⑥ 寒天と混ぜた芋を型に入れて常温まで冷まし、その後冷蔵庫で冷やし固める。
⑦ 型から出して無糖ヨーグルトをかけ(なくてもOK)、できあがり。

あっという間に完成です~。

★★ CHECK IT ★★
今回ゼリーに使用する「さつま芋のレモン煮」は、簡単にできて日持ちがよく、弁当に入れるときれいなので、割とよく作るおかずです。普段は皮つきのまま茹でてますが、今回はゼリーにするので剥きました。
レモン汁を少量入れて煮ることでサッパリ爽やかな味に仕上がるとともに、芋の色がくすまず、色鮮やかな黄色に仕上がります。何故なのかは知りません(笑)。生のレモンを絞るのがベストとは思いますが、少量しか使わないので、スーパーに売ってる瓶入りのレモン果汁(無糖)で十分と思います。

前にマンゴーゼリーを食べたとき、容器が可愛かったので洗ってとっておいたのを思い出し、型として使用しました。今回の材料で3つ作れました。
プッチンプリンみたいな形に仕上がり、可愛くて大満足。
もちろん型は「これでなければならない」というものはないので、何でもいいと思います。湯呑みでもいいし、何かのタッパーでもいいし・・。
製氷トレーで作ってもいいかもしれないですね。できあがったとき抜くのが大変そうですが(笑)。

ワンコごはんに飾りつけは必要か?

プッチンプリンの形にしたり、可愛い旗を立てたりするのは、完全にかあちゃんの自己満足です。
必要以上に神経質な愛犬家(←もともとかあちゃんと肌が合わない人たち)からは「犬のごはんに可愛さとか必要なの?」という声もあるかもしれませんが、わたしは多少の自己満足はあっていい、むしろ必要だと思っています。
犬がおいしく食べてくれるだけでいい、可愛い盛り付けとか全く興味がない、それをやることで面倒くささが出てしまう・・という方は無理することはないですが、逆に飾りつけとかが楽しみに思えたら、そこは大切にしていいのではないかと。
インスタ映えより、犬にとっての食べやすさとか美味しさを優先すべきというのは言うまでもないことですが、味や栄養を損なわない程度の可愛い盛り付けは、作り手の楽しみとして取り入れていいのではないでしょうか。
楽しみがあることで、長く続けることができる。
これはとても重要なことだと考えています。


まぁ、、何にしてもまんぷくは形にはまったく興味ないのですが(笑)。

「おいしければ何でもいいでございます」

「おイモちゃん・・・」

今回のゼリーはしっかり固まっているように見えて、ちょっとやわらかめです。
たまたま袋に残っていた棒寒天が3cmしかなかったからなのですが(笑)・・。
結果論ですが、ワンコにはこれくらいがちょうどいいかな~と思える絶妙のかたさでした。
あえて芋のつぶつぶ感を残したことで、食感も楽しいです(かあちゃんも食べた)。
何度か作って寒天の量を調節しながら、好みの固さを見つけてくださいませ。

「いいやん」

「うまぁ~~」

もちろん好物のエダマメも楽しんだまんぷく。そろそろエダマメの季節が終わっちゃうね。。
まんぷくがエダマメを気に入ったため、我が家の2019年夏はエダマメをよく食べました。

「エダメ・・・」

では、また次の記事で。。

「また見てくだしゃいな」