MANPUKU HAPPY DAY

MANPUKU HAPPY DAY

我が家の愛犬「まんぷく」は、ミニチュアダックスの女の子。やんちゃ盛りの2歳です。まんぷくのための手作りごはんレシピを中心に、日々の出来事を綴ります。訓練所でのトレーニング経験あり。

【手作り犬ごはん】「ビストロまんぷく」の原点となった鶏肉ジャーキーと、あっさりコク深い鶏手羽スープ

夏バテを吹き飛ばせ!栄養満点の手づくり鶏スープ

こんにちは。

毎日言いすぎてもう飽きてきたんですが・・暑いですね。

子どもの頃は真夏でも気温が30度行くか行かないか・・くらいだったのに。

あの頃から比べると、日本の夏もずいぶん変わりましたよね。

変わらないのは、自宅近所にあるかき氷屋さんの人気ぶりでしょうか(笑)。

わたしの自宅は実家から歩いて数分のところにあるので、自宅周辺がかつての通学路であり、遊びのエリアなのです。

学校が終わってから友達と行ってたかき氷屋は、今もまだ営業していて、相変わらずの人気。かつては氷にシロップをかけただけのものだったと記憶してますが、今はイチゴやミカンの果肉を使ったオリジナルのシロップも登場していて、なかには1,000円超えのメニューもあったりする(!)。

ビストロまんぷくの原点である鶏ジャーキー 

さて今日なんですが、レシピ・・といっても煮たり焼いたりするだけだし、ましてわたしが考案したものでもない・・ということで、ブログタイトルはただの「手作りワンコごはん」としました(いつもは「手作りワンコごはんレシピ」としてます)。

まずはジャーキーです。まんぷくに歯が生えたころから食べさせている鶏ジャーキー。幼少の頃はお湯でふやかし、少しやわらかくしてあげてました。

最初は市販のササミジャーキーをあげていたのですが、あるときフト、市販のジャーキーが高いような気がしたんですね。。鶏のササミなんて、スーパーで買ったらめっちゃ安いのにな・・と。

「これ、うちで作れるんじゃ??」と思い、作ってみたのが今思うと「ビストロまんぷく」のはじまりです。

うちではササミではなく、鶏ムネ肉を使っています。詳しくは書きませんが、理由は鶏ササミには「リン」が含まれているため。だからといってまんぷくが食べてはダメということではないのですが、選べるときはムネ肉を選んでいます。

ですがジャーキーは主食ではなくオヤツ扱いのため、そこまで厳密には考えず、ムネ肉が売り切れてるときはササミを使うこともあります。

レシピも何も、薄切りにした鶏肉をオーブンで焼くだけなのですが、焼きあげの際のオーブンの温度や焼き時間は、各家庭により違いがあるようです。

高温でバリッと焼きあげるか、低温でじっくり仕上げるか・・・。当然ながら低温にすればそのぶん時間がかかるわけで、早めに済ませたいわたしは高温220度でバリッといきます。

3mm程度の薄切りにしたムネ肉を、油をひかないフライパン(←焦げ付かない加工のやつ)で裏表をサッと焼きます。肉が白くなったら火を止め、オーブンが温まるのを待ちます。このときムネ肉はまだフライパンにのせたまま。しばらくすると肉から肉汁が出てきます。わたしはこれを取っておいて、料理に使っています。

さてオーブンが温まったら、鉄板にクッキングペーパーをしいて肉を並べ、焼きあげます。220度の場合、焼き時間はだいたい20~25分くらいでしょうか。最初に17分くらいでセットして焼き、ブザーが鳴ったら中の様子を見て、裏表を返し、明るめの茶色になるまで焼きます。

暑い!!!!!!

キッチンが灼熱地獄に・・・。自分はまったく動かず、オーブンを使ってるだけなのに汗が噴き出てきます。

しかしリビングからキラキラのまなざしを向けてくるまんぷくが・・がんばろう。。

 

f:id:manpuku1017:20190816160421j:plain

もう、焼きあがる頃にはまんぷくがソワソワ。オーブンをジッと見つめ、「ピーピー!」となるたびに、全身で反応します。自分のための「何か」が焼かれていることがわかるようです。。

f:id:manpuku1017:20190816160440j:plain

日によって焼きあげ時間に違いがあるような・・

できました。

肉の水分量でしょうか?日によって焼きあげにかかる時間が微妙に違います。この日は25分ほど。

 

f:id:manpuku1017:20190816160526j:plain

焼きたては熱々パリパリ。やはり焼きたてが一番おいしいようですね。まんぷく大興奮! このうれしそうな顔を見て、「同じジャーキーでも市販のものと反応が全然ちがう・・手作りいいな」と思うようになりました。

f:id:manpuku1017:20190816160612j:plain

f:id:manpuku1017:20190816160624j:plain

栄養満点の鶏スープ

さらにもう一品。たまに作るのが、「ザ・基本」という感じの、鶏を使ったスープストックです。鶏手羽が安くなっているときに買ってきて、鍋でじっくり煮込んで作ります。キャベツやニンジンの切れ端があったら、それも入れておきます。

 

使う鶏手羽はコチラ。

f:id:manpuku1017:20190816160710j:plain

犬ごはんレシピの本に鶏肉が出てくる際、だいたい鶏の皮は取り除くように書かれているので、鶏手羽からも皮をはがします。これがねぇ・・・なかなか面倒で。鶏ムネ肉から皮をはがすのとは勝手が違いました。

それでも何とか5本分の皮をはずし(キッチンばさみが便利でした)、鍋に水を3カップ入れ、手羽と野菜を沈めて煮ます。沸騰してきたら灰汁を取りつつ、20~30分ほどコトコト煮込む。

暑い!!!!!!!

とにかく何をするにも暑い!!!

何とか煮えて、鍋にはいかにもコク深い、白濁スープが・・。

これを冷まし、ジップロックに入れて冷凍しておけば、5食分くらいにはなると思います。

スープを温め、フードにかけるだけでもいいでしょうし、そのときどきで具を加えてあげても。。

この日は、作ってあったヒジキ入り鶏ハンバーグがあったので入れました。小鍋で鶏スープをわかし、そこに小さく切ったハンバーグを入れるだけ♪ 「肉おじ」です。

 

そうそう、スープをとったあとの鶏手羽も、もちろんまんぷくに食べさせています。多くの方がご存知と思いますが・・鶏の骨はタテに割れてとっても危険なのだそうで・・

くれぐれも肉は骨から外してから食べさせましょう~~。

 

仕上げに大葉とすりごまを少量のせて・・・

f:id:manpuku1017:20190816160931j:plain

 

スープも鶏、具も鶏♪ 鶏肉好きのまんぷく大喜びです。

別の日には、クタクタに煮たキャベツ、生ヒジキ、枝豆を入れてみました。

 

f:id:manpuku1017:20190816161159j:plain

 

「いいやん!いいやん!!!!」と、自分の前に皿が置かれるのを今か今かと待つまんぷく。

 

f:id:manpuku1017:20190816160849j:plain

 

ところで、キッチンにこもって料理をするとき、熱中症には気を付けましょう~~。自戒を込めて書いておきます。

愛犬に夏バテ予防の料理を作っていて、自分が熱中症で倒れるなんて、シャレにならないですね(笑)。そういう意味でも、夏場のワンコごはんは短時間でスピーディー&簡単に作れるものがいいと思い、時間があるときにあれこれ考えています。

 

ではまた次の記事で~~