MANPUKU HAPPY DAY

MANPUKU HAPPY DAY

我が家の愛犬「まんぷく」は、ミニチュアダックスの女の子。やんちゃ盛りの2歳です。まんぷくのための手作りごはんレシピを中心に、日々の出来事を綴ります。訓練所でのトレーニング経験あり。

【手作り犬ごはんレシピ】焼きバナナがトロ~ッ。生地がおいしいワンコ・クレープ<デザートクレープ編>

お次はデザートクレープを作ってみた

f:id:manpuku1017:20190903190311j:plain

我が家のまんぷくは2017年10月生まれ。
早いもので、もうすぐ2歳です。
早いな~と思います。

f:id:manpuku1017:20190903190334j:plain

まんぷくがウチに来てからというもの、毎日朝がくるたび、元気な様子を嬉しく思う一方で、「今日という日は、まんぷくと一緒に過ごせる残りの日々の最初の1日」と、もの悲しくなるかあちゃん。
また、まんぷくと過ごせる時間が1日減ってしまった・・。

これはわたしが好きな言葉「今日という日は残りの人生の最初の日である」という、チャールズ・ディードリッヒ(アメリカ)の名言をもじったフレーズです。
自分の人生に、あとどのくらいの時間が残されているのかなんて知る由もありませんが、この言葉をつぶやくと、まんぷくとおとちゃんと過ごせる時間がとても大切に思えて、気に入っています。

f:id:manpuku1017:20190903190352j:plain

人間の歳でいうと、まんぷくは今、20歳くらいですか。
真っ黒でつやっつやの毛並み、キラッキラの目にピンピンのおヒゲ、うるうるのお鼻、真っ白な歯(奥歯にやや歯石あり)!ぷるんぷるんの肉球に、逞しい筋肉。
なんて若いんだろう、なんてきれいなの!
歳をとってもそりゃあ可愛いに違いないけれど、おそらく今、自身の犬生で肉体的にピークを生きているまんぷくの若さや可愛らしさをできる限り維持したいと、ヒマな時間はそればかり考えているかあちゃんです。

2歳の誕生日には、何を作ってあげようかな・・・

バナナは焼くことで濃厚なおいしさに

さて前回からの続きで・・・今回は手作りクレープのレシピになります。
紹介するのが恥ずかしいほど・・バナナのみです(笑)。あとは好みで無糖ヨーグルト。
生地を焼いて、バナナを包んで仕上げてください。以上、終わり(笑)。


・・・とするとブログが終わっちゃうので、一応材料です。

焼きバナナとヨーグルトのクレープ

材 料 分 量
バナナ
1/2本
無糖ヨーグルト
大さじ1

生地は一つ前の記事に出ている、豆乳を使ったモチモチ生地を使用します。なので、省略。。
簡単に手順を書かせていただきますね。。

作り方

① バナナを半分に切り、使う分だけ皮をむいて5mmほどのうす切りにする。

② フライパンにオリーブオイルを少量引き、キッチンペーパーで全体に薄く広げて、バナナを焼く。表面がトロッとしてうっすら焼き色がつくまで。

焼きバナナ、こんな感じになりました。ツヤツヤでおいしそう!このまま食べたいくらいです。
↓ ↓ ↓ 

f:id:manpuku1017:20190903190438j:plain

焼いたバナナは1枚だけ細かくカットし、飾り用にする。わたしは5mm程度のダイス状にカットしました。

③ きれいに洗ったフライパンを火にかける。オリーブオイルを少量入れ、全体に薄くのばしてよく温めてから、中火にする。

⑥ お玉の8分目くらいまでに生地を入れてフライパンに流し入れる。お玉の背を使って薄く丸くのばす。直径15cmくらいに。途中で生地のはしっこをめくって裏側をチェックする。うっすら焼き色がついていたらフライ返しや菜箸で裏返し、裏面も焼く。焼きあがったら皿に取って冷ます。

⑦ 生地の中央に焼きバナナのスライスを3枚のせ、中央に向けて生地を折りたたみ、四角形に整える。半分にカットし、無糖ヨーグルトを大さじ1かけ、飾り用の焼きバナナをあしらって完成。

でっきました~~~。
甘い香りが漂い、もう今にも食べたい感じです。

f:id:manpuku1017:20190903190553j:plain

なぜバナナを焼いたかというと・・・

単にかあちゃんが、焼いたバナナが好きだからです。

生で食べるバナナより、バナナケーキとか、火が通ったバナナの方が好きで。。
食感もやわらかくなるので、ワンコにもいいかなと思い、焼いてみました。
面倒な場合は、生でも問題ないと思います(ワンコの体調等にもよると思いますが)。

なにげに「初バナナ」だったまんぷく。
こちらも体調管理のため、まずは半分にカットしたものをひと切れだけ食べさせました。

f:id:manpuku1017:20190903191118j:plain

その後、体調面は問題なかったです。
小さい体でありながら、丈夫だなぁ~~、まんぷく。。今まで食べ物で体調を悪くしたのを見たことがないです。
ありがたいことだ。。

番外編:ジュエル・ゼリーのクレープ

今回作った豆乳入りの生地がおいしかったので、思い立ってサラダクレープも作ってみることにしました。
これはかあちゃん用です。クレープ作りに没頭していたら小腹がすいてしまったので・・・。

先日まんぷくのために作った「野菜と鶏のジュエル・ゼリー」が残っていたので、これを包んでみようという試みです。

コレね、コレコレ。。
↓ ↓ ↓ 
f:id:manpuku1017:20190903192047j:plain


ジュエル・ゼリーについて詳細はこちらに書きました。

www.manpuku.fun

「ジュエル・ゼリー」とかシャレたこと言ってますが、早い話が温野菜のゼリー固めなので・・けっこう何にでも使えて便利。
サラダとして食べることもできるし、スープに入れてもOK。一瞬、「ゼリーをスープに?!」と思いますが、煮ているうちにゼラチンは溶けてしまうので問題ないです。

で、このゼリーを砕いて生地で包めば・・あっという間にサラダクレープのできあがり!
もともとゼリーにササミが入っているので、ボリューム感あり。

f:id:manpuku1017:20190903192226j:plain

生地にもゼリーにも味付けは一切してないので、マヨネーズをかけて。
このとき思い立って「カレーマヨネーズ」にしたら、相性バツグンでおいしかったです。
「カレーマヨネーズ」はマヨネーズ大さじ1に対してカレー粉を耳かき2杯ほどを混ぜたもの。かあちゃんの好物です。
カレールーじゃないですよ(汗)、カレー粉ですよ・・・。あの小さな缶に入ってるやつ。。

そんなこんなで、1回目はうまく焼けなくて発狂しそうになりましたが、2回目からコツをつかみ(それでも生地のはしっこの方はちょっと破れた)、クレープ屋さんごっこを楽しんだのでした。
次回はまんぷくにももう少したくさん食べさせてあげられるかな・・・。

もっと使いやすいフライパンを買ってきて練習を重ね、色んな具材にチャレンジしてみたいと思います。

ではまた、次の記事で~~。