MANPUKU HAPPY DAY

MANPUKU HAPPY DAY

我が家の愛犬「まんぷく」は、ミニチュアダックスの女の子。やんちゃ盛りの2歳です。まんぷくのための手作りごはんレシピを中心に、日々の出来事を綴ります。訓練所でのトレーニング経験あり。

【かあちゃんコラム番外編】いやはや、ついに・・・

まんぷくが帰ってきます

こんにちは。まんぷくのかあちゃんです。

f:id:manpuku1017:20200128151556j:plain

先日、インスタで少しお伝えしたのですが、2月より、まんぷくが自宅に戻ることになりました。

待ちに待った帰宅の日・・・喜ばしいです!!

当初の予定では昨年12月には一度自宅に戻して様子を見る・・・と、うっすら計画していたわけですが、なかなか思うように事が運ばず・・・
かといって「早くまたまんぷくと一緒に暮らしたい!」という飼い主のエゴだけで家に連れ帰るわけにもいかず、寂しい年末年始を夫とふたりで耐えに耐え(案外、飲み歩きや旅行を楽しんでいたようだが・笑)、ようやく帰宅の日を迎えることとなりました。

戻っては来るけれど・・

とはいえ、完全に手放しで喜べる状況ではなく、これからも自宅トレーニング&様子見は続きます。
もし何かしら問題が起きれば、また訓練士さんに相談し、訓練所に戻したり補習トレーニングに通ったり・・・状況に合わせたケアが必要になります。

今のまんぷくは見違えるほど大人になったけれど、正直かあちゃんは(夫も)、一度でスンナリ自宅生活に戻れるとは思えない(訓練士さんも多分思っていない笑)。
割と早い段階で以前のような暴れん坊のまんぷくに戻り、「すみませぇん・・・」と言いながら訓練所に戻すことになる自信が、

ありすぎるほどにある!!!

f:id:manpuku1017:20200128151718j:plain

いや、いいんですよ、そうなっても。相手は生き物であり、若い盛りなんですから・・。暴れたい日もあるだろう。
訓練所に再度戻すといっても、また数カ月もの間一切会えなくなる・・・などということはないはずで、もう基礎の基礎はだいぶ固まっていますので、その時々で修正を入れながらトレーニングしていけば、来年あたりには(えっ!ら、来年?!)見違えるようなまんぷくになっているのではないかと思われます。
もう少し、焦らず気長に見守る必要があると思いますし、我々飼い主も、まんぷく以上に頑張らなくてはなりません。

まんぷく不在の数カ月を振り返って

何にしても、まんぷくの訓練所生活は、いったん一区切りです。
長かった・・・
本当に長く、思っていた以上に寂しかったです。
まんぷくの不在が、これほどまでに心を重くするとは。

いつもいつもまんぷくのことが気がかりでならず、

寒い朝には決まって夫に「まんぷくは大丈夫かね」と言い、
雨の強い日も決まって夫に「まんぷくは平気かね」と言い、
雪が降ると予報があれば夫に「まんぷくは連れて帰らなくていいのかね」と言い。。

早い話が雨の日も晴れの日も、朝も昼も夜も、まんぷくのことを心配していました。

だからこそ一度も体調を崩すことなく、ケガひとつせず家に帰れる喜びは、言葉になりません。
この数カ月本当に親身になってくれ、しかも2月10日の帰宅前日には綺麗にトリミング&シャンプーまでして返してくれるという訓練士さんには・・もう本当に、感謝しかありません。
なんて立派で真剣で、素晴らしい訓練士だったんだろう。この人に会えなかったらと思うと・・・
(((((ゾッとする)))))。

f:id:manpuku1017:20200128151653j:plain

まんぷくのトレーニングを最優先にして暮らすと決めてから、早数カ月。
じつに、夏の終わりから真冬になっています。
実際に過ぎてしまった時間・・・あまりに長い。

その間仕事を離れ、まんぷくのことだけに時間を割いてきたかあちゃんですが、先が見えずに焦りを覚えたことも多々ありました。
もちろん自分で好んで決めたことなので、自分がまんぷくの犠牲になっているとか、「まんぷくのせいで・・・」などという思いは皆無です。
まんぷくには今も、申し訳ない気持ちしかない。

なのですが、そういうこととは別に、仕事ができていないことへの ”焦り”は日増しに強くなってきています。

正直わたしも、いい年。

20代の頃からずっと広告や出版関係の仕事に関わって来て、それなりの年月が流れた。
流れの速い業界だ。1週間、1ヵ月が、日常生活とはまったく違うスピードで流れていく世界。
そりゃ早いよね・・・世間が夏休みだ、お盆だと言って海水浴してるときに、仕事では半年先のクリスマスのネタをやってるんだから。。
最新の情報が常に流れ込み、更新、更新、更新・・・とキリもなく塗り替えられる。
こういう世界で本気で取り組む人のスキルアップって、ありえないほど早い。
「会社の電話を取るのがコワい・・」などとぬかす新卒はほとんど採用せず、他社で腕を磨いた中途採用たちが鎬を削る。
半年離脱していたことで生じた遅れは、それこそ1年、1年半くらいに相当するんじゃないかと。
正直、わたし程度の力量では、もう完全には取り戻せないに違いない。
捨てたものは大きいと感じる。

f:id:manpuku1017:20200128151746j:plain

ペットのためになぜ

可愛いとはいえ、なぜペットのためにそこまで・・・と自分で思ってしまうくらい、今の状況は自分でも驚きだ。。

先日も美容院でいつもの美容師さんと話をしているとき、「最近のペットは、ひと昔前よりものすごく大事にされている」という話題になった。
「僕の感覚だと、ペットのために仕事を辞めちゃうっていうのが、一番スゴイと思うな~。こないだそういうお客さんがいてね、もう行くとこまで行ったなって感じがしたなー・・」と言っており・・・

それってわたしじゃねーか!と(笑)。

一時的にとはいえ、「犬のことがあって仕事辞めたんだ~」と言えなくなってしまった。

もちろんその美容師さんは決して嫌な人間ではなく、「まぁ何が大切かなんて、その人によって違うんだから、自由にやったらいい」と理解を示していたけれど、確かに仕事まで辞めちゃって、このあとどうしようという感じである。。

本来のわたしはどちらかというとドライな人間で、必要以上に人と群れるのも好きじゃないし、そもそも編集者のクセして世の中の人や物事にあまり興味がわかない。
自由になるお金や時間がほとんどないまま、体力と気力だけが消耗される子育てに参加するくらいなら、自分で稼いだお金は100%自分のために好きに使い、美味しいものを食べまくり、好きな服をためらいなく買い、休日は好きなだけ寝ている暮らしがしたいと思っていた。

100%、自分の欲求!!
誰かに合わせるとか、誰かのために自分を犠牲にするとか、そういうのは最小限にしたいと願いながら生きてきた。

なのに今じゃ、まんぷくのために暮らしのすべてを明け渡し、お金もかなり使っているではないか!
オシャレでシンプルな部屋に暮らしたかったけれど、今じゃ犬用サークルがリビングのド真ん中に鎮座し、ウンコ袋(未使用ですよ、さすがに・・・笑)や小汚くなったまんぷくのおもちゃが散乱。
高かった木製家具は養生テープだらけ、ソファにもテーブルの脚にもまんぷくがカジカジした痕が・・・( ノД`)シクシク… 
改めて計算したらまんぷくの養育費もかなりのもので、(夫と折半しているとはいえ)あまりの金額に気絶しそうになってしまった。

それでも何も変えようと思わない。傷だらけの家具、大いにけっこう(嘘つけ)。

今の暮らしが幸せそのものなのは、

まんぷくが、わたしの希望そのものだから。

f:id:manpuku1017:20200128151820j:plain

自分の娘に自分の若い頃の夢を託そうとするような、野心めいた希望ではなく、純度100%の希望そのもの。
つぎこんだお金や時間を後で取り返そうとか、見返りを求めようとか、まったく思わない。
セラピーや競技会に行って色んな経験をしてほしいとか、そういうことでもなく、ただ普通に健康でいて、与えられた寿命を、元気に遊びまわって過ごせればそれでいい。
それを手助けしているだけで、かあちゃん幸せだ。

今の世の中、行くところすべてが狭苦しくて息が詰まりそうで、ちょっとでも失敗しようものならゼンゼン知らない人からも叩かれて、SNSをすればしょうもないアンチどもに文句を言われ、心身が消耗する。

良い子もいるんだろうけれど、正直、理解不能な若者も増えた。
こないだなんてわたし、コンビニで切手を買わせてもらえませんでしたからね ( ノД`)シクシク…。
何度頼んでも若い店員が理解できず、「ハガキ」を持ってくる。
「いやそれはハガキで・・・ハガキに貼る切手がほしいんです」って言ってるのに、じゃあこれ?と言って渡されたのは「年賀ハガキ」。
冗談だろう・・・?頼むから冗談であってほしい。切手、知らないのか。
いったいぜんたい日本はどうしちゃったの。。

世の中は毎日、こんなにも憂鬱にあふれていて、ちょっとコンビニに行くだけで、レストランに入るだけで、手軽に絶望感が味わえるようになった。

そんななか、まんぷく(というか、ワンコ)は本当に希望そのもの。
まんぷくが元気に駆け回っているだけで、明日も頑張ろうと思える。
まんぷくが美味しそうにご飯を食べているだけで、人生悪くないなぁと思う。
まんぷくと夫と3人、同じ布団でゴロゴロしているだけで、他に何も要らないと思う。

若いエネルギーって、やはりそれだけ特別な力を持っていると感じるし(別にシニアがいけないとかそういうことではなく)、野心や邪心と無縁のピュアな存在って、希望だなと思う。。

まんぷくがいない間、やることがないのでインスタは休もうと思っていたのですが・・・
結局毎日、インスタを通してしょうもないネタを投稿し続けたのは、自己中心の権化のようなわたしでも、何かしら”善なるもの”を、世の中に送り出したいと思っていたからなのかもしれません。
なので、もう少し続けると思いますので、よろしくお願いします。

先日、夫と会いに行った時のまんぷく

冬用のモヘアみたいな毛が生えて、もこもこしてました。

f:id:manpuku1017:20200128151836j:plain

今は、訓練前後のちょっとした時間であれば、まんぷくに触れることができます。
訓練士さんが、訓練前に少しだけそんな時間を作ってくれるようになりました。多分、まんぷくの変化などを観察する目的もあると思いますが・・・

f:id:manpuku1017:20200128151851j:plain


「ずいぶん変わったよ」と、訓練士さんも言ってくれるようになり、正直どのへんが変わったのかわたしにはサッパリ分かりませんが、
「飼い主さんをおちょくったり、逆らったりしようとしなくなってるじゃない」とのこと。

おちょくられてたわけですね!我々(笑)。

f:id:manpuku1017:20200128151904j:plain

まぁいいや。
もう一息、頑張ります。とにかく元気に帰っておいで。

f:id:manpuku1017:20200128151914j:plain

では、また次の記事で~~